脱毛器さん家庭用脱毛器のQ&A>家庭用脱毛器でVIO脱毛は出来るの?おすすめの脱毛器も徹底紹介

家庭用脱毛器でVIO処理は出来るの?おすすめの脱毛器も徹底紹介

VIO脱毛のおすすめ家庭用脱毛器や注意点

VIOは脱毛する上で人気の部位となっております。
特にVラインは常識というくらい多くの方がおこなっています。

しかしサロンやクリニックで人に見られながら脱毛するのは恥ずかしい。
そんな方も多いはずです。

そこで出番なのが家庭用脱毛器。
家庭用脱毛器なら誰にも見られることなく
自宅で照射できますから恥ずかしい事なんてありません。
また、忙しい中予定を開けてサロンやクリニックに通う手間も省けます。

そこで、このページでは家庭用脱毛器でVIOケアをする方法や注意点、
VIOにおすすめの家庭用脱毛器などについて紹介していきます。

VIOケアする際の家庭用脱毛器の選び方

VIO脱毛する際の家庭用脱毛器の選び方

家庭用脱毛器でVIOケアする際に最も重要なのは、
どのような脱毛器を選べば良いかです。

ここを間違えるとそもそも照射すら出来ませんし、
VIOを綺麗にする事は出来ません。

まずはVIOケアの家庭用脱毛器の選び方を理解して下さい。

VIOに使える脱毛器を選ぶ

家庭用脱毛器の中にはVIOを推奨していないメーカーもあります。
特にVラインの照射が出来てもI・OラインはNGにしている脱毛器がほとんどです。

まずはVIを照射出来る家庭用脱毛器を選ぶ事から始めましょう。

しかし、あくまでも自己責任になりますが、
VIOに照射をしようと思えばどんな家庭用脱毛器でもする事は出来ます。

というのもVIOはとても敏感な部位で、万が一何かの肌トラブルがあれば
メーカーも大変になるので推奨していないのです。

脱毛サロンであれクリニックであれ、
VIO専用の脱毛器もVIO専用の光やレーザーもありません。

Vライン Iライン Oライン
ケノン 出来る 出来る 出来る
脱毛ラボホームエディション 出来る 出来る 出来る
トリア 出来る 出来ない 出来ない
ラヴィ 出来る 出来る 出来る
ブラウンシルクエキスパート 出来る 出来ない 出来ない
ドクターエルミスゼロ 出来る 出来ない 出来ない

フラッシュ脱毛器を選ぶ

VIO脱毛する際はフラッシュ脱毛器を使いましょう。

家庭用脱毛器はフラッシュ脱毛器が主流でも
中には良くわからない脱毛器もあります。

VIOは痛みに敏感な部位なので痛みが少なく効果が高い家庭用脱毛器が必要なので、
それはフラッシュ脱毛器しかありません。

レベル調整の幅が広い家庭用脱毛器を選ぶ

先ほどもお話したようにVIOは痛みに敏感な部位です。
そのため自分にあった効果と痛みのバランスが重要なので
レベル調整の幅が必要です。

イメージとしてはレベルが5~10段階ある脱毛器がおすすめです。

効果が高い高性能の脱毛器を選ぶ

VIO脱毛するには脱毛効果が高い高性能の脱毛器を使わないと
綺麗にケアしれきません。

低価格の性能が低い脱毛器だと出力が低く、
VIOを綺麗にするのは難しいです。

特にVラインは毛量が多く、出力が低い家庭用脱毛器で、
一時的に毛を薄く出来てもすぐに元の状態に戻ってしまいます。

家庭用脱毛器のVIO効果は?

どの脱毛器を使うかでも効果は異なりますが、
高性能の家庭用脱毛器なら脱毛サロンと効果は変わりません。

自由に照射できたり、レベル調整を自分で行ったりする事を考えれば
脱毛サロンより綺麗にケアできる可能性もあります。

しかし、家庭用脱毛器や脱毛サロンでは永久脱毛できないため、
ケアを完了しても産毛程度は生えるようになります。
完全に毛を生えなくする事は出来ません。

もし永久脱毛したいならクリニックに行って医療脱毛するしかないのですが、
痛みが強く料金も高くなります。

家庭用脱毛なら本体を購入すれば何度でも脱毛出来ますし、
VIOだけではなく全身脱毛することも可能です。

家庭用脱毛器のVIOケアのやり方

家庭用脱毛器のVIO脱毛のやり方

部位ごとの細かなポイントは後々紹介しますので、 まずはVIO脱毛の流れを紹介します。
VIO照射のやり方
1.形やどこまでケアするのか決める
2.ムダ毛を剃る
3.照射する
4.保湿する

形やどこまでケアするのか決める

VIO照射する際は、何処までケアするのか決める事から始めます。

Vラインならハイジニーナ型やIライン型などの形があり、
I・Oラインなら全ての毛を完全に剃るのか、少し残すのか決めます。

形や何処までケアするのか決めてからでないと
後々バランスが悪くなります。

管理人のおすすめは、Vラインは少し毛を残して、
I・Oラインは全て処理するパターンです。

個人的にI・Oラインの毛は必要ないと感じております。

ムダ毛を軽く剃る

お肌にダメージを与えないように
電気シェーバーでVIOラインの毛を処理しましょう。

完全に剃ってしまうと効果が弱くなってしまうため
1~3mmほど毛を残すのがポイントです。

あまり毛が伸びていない人は剃らずに照射しても構いません。

照射する

VIOラインは痛みに敏感なので患部を良く冷やしてから照射して下さい。

冷やす物は保冷剤でも冷たいタオルでも何でも構いません。

良く冷やすことで痛みが緩和され、肌トラブルを防いでくれます。

保湿する

照射が終わればクリームや乳液で保湿して下さい。
脱毛はお肌を乾燥させないで保湿すれば、
そうそう肌トラブルになることはありません。

クリームや乳液は何でも良いので、
照射後ももちろん、期間中は小まめに保湿すると良いでしょう。

VIO脱毛の各部位の照射ポイント

部位ごとの照射ポイントを紹介していきます。

Vライン

Vラインの図

Vラインの脱毛はまずは形を決めます。

様々な形はありますが、一般的なVラインの形は以下の4種類です。

●ナチュラル型
●トライアングル型
●Iライン型
●ハイジニーナ型(全部綺麗に剃る)

管理人は毛がはみ出しそうな部分を照射して 少し毛を残すナチュラル型にしました。

自分で脱毛する場合、毛を残したい部分に誤って照射してしまいそうだと感じるかも知れませんが、
アマゾンなどで安く売っているアンダーヘア用のスタイルガイドを使えば問題ありません。

アンダースタイルガイド

このようなアンダースタイルガイドを使えば
誤って照射する心配がなく綺麗な形に整えられ、価格も1,000円以下です。
もちろんハイジニーナにしたい場合は購入する必要はありません。

サロンの経験が浅い新人のスタッフでも脱毛できるで誰でも簡単に出来ます。

Vラインのビフォーアフター

※効果には個人差があります

因みに上記の画像はVラインを家庭用脱毛器で処理した方のビフォーアフターの画像ですが、
綺麗に仕上がっていると思います。

Iライン

Iラインの図

両脚の付け根の部分のことをIラインといいます。
いわゆる股ですね。

Iラインのポイントは粘膜(小陰唇・尿道口・膣口)を照射しない事です。

粘膜を照射すると火傷の原因になり痛みが続きます。
誤って照射しないように白いテープを粘膜の部分に張ると心配ありません。

Oライン

Oラインの図

Oラインは肛門の周り半径2~3cmの部位です。

Oラインの脱毛で大変なのは直接見えないので照射しにくい点です。

コツとしては屈伸座りをして真下に鏡を置いて照射します。
始めは多少窮屈ですが慣れると簡単に照射出来ます。

VIOに必要な回数

完了までの回数 完了までの期間
Vライン 15~18回 10ヵ月~1年
Iライン 18~24回 1~1年半
Oライン 18~24回 1~1年半

まず大前提に使う脱毛器や出力レベル、そして個人差があるので、
この回数をやれば絶対に綺麗に脱毛できるというわけではありません。
これより少なく脱毛できる方もいますし、多くなる方もいます。
その前提を理解してもらえればと思います。

あくまでも個人的な意見ですが、もしかしたらI・Oラインは照射しにくい部位ですので、
これよりももっと回数が必要になるかも知れません。
管理人はこの回数よりは少なかったですが、一般的にはこのくらいは必要だと思います。
もちろんそれは脱毛サロンでも同じです。

しかし、家庭用脱毛器はエステサロンよりも使用頻度を増やせるため、
半分以下の期間で終わらせる事が出来ます。

家庭用脱毛器は1~2週間に1回ペースで照射できるので、
1年くらい使用すればでかなり綺麗になります。

脱毛器でVIOケアするメリット

VIOケアして良い点は色々ありますが、
主に上げられるのは以下の点です。

●低価格で処理できる
●人に見られず処理できる
●整理時にムレや臭い、かゆみが軽減される
●彼や旦那が喜んでくれる
●自己処理の手間がなくなる
●どんな下着や水着も着れるようになる

特に良い点は、「整理時にムレや臭い、かゆみが軽減される」「自己処理の手間がなくなる」 だと思います。

生理中ムレやかゆみ、臭いを気にしている女性は多く、
そこを改善出来るだけで衛生的にも良くストレスも解消されます。

また自己処理の手間が省けることで、水着を着る時や彼氏に会うときなど
気にしなくて済むのも大きなメリットです。

脱毛器でVIOケアをするデメリット

●I・Oラインの照射は手間がかかる
●温泉に行った時に恥ずかしい
●遊んでいると思われる
●ハイジニーナにして後悔する

まずデメリットとしてはI・Oの照射は手間がかかり器用さも要求されます。
鏡を使い器用な体制で照射する必要があり、慣れるまで面倒に感じるかも知れません。

次に、周りの人の話を聞くと、
温泉に行く時が恥ずかしいと感じるようです。

温泉では年配の方も多く、年齢層が高い方はハイジニーナにする習慣がないので、
何となくイメージ的に良く感じません。
中にはパイパンは遊んでいると思う方もいるようです。

最後はハイジニーナにしてしまうと後々後悔しても
もう取り返しがつかくなくなることです。

家庭用脱毛器は永久脱毛は出来ませんが、
それでも一度脱毛するともう以前のように毛が生えてくることはありません。

VIO照射後の注意点

お肌に負担を与える自己処理はしない

これはVIOに限らず全ての部位に言える事です。
お肌に優しい電気シェーバーで軽く剃るくらいなら問題ありますが、
毛抜きや除毛クリーム、脱毛ワックスなどを使うとお肌を痛めるだけではなく、
毛周期が乱れ、効果が半減してしまします。

出来るだけお肌に負担をかける行為はしないで下さい。

生理中の照射は控える

生理中のVIO照射はオススメしません。

お肌が敏感になっていて、痛みが強くなり肌トラブルを起こす可能性があります。
また、脱毛器が汚れてしまいカートリッジの調子が悪くなることも考えられます。

因みに管理人は生理痛が酷い方ではありませんから、
生理中でもVラインだけ処理をしていました。
ただ、安全性を考えるなら止めた方が良いでしょう。

脱毛後1~2日はシャワーだけにする

脱毛はお肌にダメージを与えますので、念のため1~2日くらいはお風呂には入らず、
シャワーにしたほうが無難です。
また、その際お肌を強くこすらず優しく洗って下さい。

但し、家庭用脱毛器や脱毛サロンのフラッシュ脱毛は医療脱毛と違いそれほどお肌に負担がありませんので、
自分のお肌と相談して問題なければあまり気にする必要はないかも知れません。

VIO照射のトラブルについて

家庭用脱毛器のVIOの肌トラブルは
普通に使っていれば基本的には問題ありません。

ただ、あえて言うとIラインの粘膜の部分を照射してしまうと炎症を起こする可能性があるので
そこは気を付けて下さい。
(Iラインの粘膜はエステサロンもNG)

それでも仮に誤って照射したとしても一度くらいなら大きな肌トラブルになることもないでしょう。

肌トラブルについては、使用後に気になる点やトラブルを解決
詳しく話しております。

VIOケアにおすすめの家庭用脱毛器にランキング

ここはあくまでもVIOケアの家庭用脱毛器ランキングで、
総合ランキングや家庭用脱毛器について詳しく知りたい方は脱毛器で紹介しております。

第1位 ケノン


ケノン

効果が高く、最も安全にVIO照射できるのがケノンでしょう。
VIO脱毛するのに十分な出力があり、その割に痛みも少ない脱毛器です。
Vラインのように剛毛な部位を綺麗にするストロングカートリッジも出てきて、
以前よりもより綺麗に早く処理出来るようにもなりました。VIOに限らず自宅でムダ毛ケアしたい方はケノンは絶対におすすめです。

価格 電気 種類
69,800円 コンセント式 フラッシュ 静か
用途 レベル 照射面積 連射機能
全身向き 10段階 9.25m 6連射
痛み 1ショットコスト 美顔器機能 対象
少ない 0.0098円 あり 子供~大人
保証期間 お支払い
2年3ヵ月 最大24回分割

第2位 脱毛ラボホームエディション


脱毛ラボホームエディション

あの脱毛サロンで有名な脱毛ラボが開発した家庭用脱毛器です。

自宅でサロンと同じ業務用パワーを体験出来るため、わざわざ予約を取って店舗に行く必要はありません。

また、「連射機能」「冷却機能」「顔・VIOも含む全身使用可能」などの特徴があることで、
早く安全に全身ムダ毛ケアをする事が可能です。

効果も高く、これ一台あれば自宅でサロンと同等のムダ毛ケアが可能です。
今なら5,000円OFFと11,024~14,278円相当の美容グッズプレゼント

価格 電気 種類
71,478円 アダプター式 フラッシュ 少し音がする
用途 レベル 照射面積 連射機能
全身向き 5段階 4.2㎡ あり
痛み 1ショットコスト 美顔器機能 対象
普通 0.23円 なし 子供~大人
保証期間 お支払い
1年間 24回

第3位 トリア・パーソナルレーザー脱毛器


トリア

脱毛パワーが高いのですが、その分痛みも強いのでVIOのように敏感な部位への脱毛は正直微妙です。
ただ、痛みに耐えられればかなり綺麗に脱毛できますし、比較的短期間で終わらせる事も出来ます。
VIOに限れば絶対にお勧めというわけではありませんので、痛みに強いという方だけご検討しても良いと思います。

価格 電気 種類
54,800円 充電式 レーザー 若干あり
用途 レベル 照射面積 連射機能
部分向き 5段階 1m なし
痛み 1ショットコスト 美顔器機能 対象
あり 0.137円 なし 子供~大人
保証期間 お支払い
1年間 最大24回分割

第4位 ラヴィ


ラヴィ

ケノンと同じフラッシュ脱毛器で痛みもそれほどなく使いやすい脱毛器です。
ただ、ケノンやトリアに比べると脱毛パワーが劣るのでVIO脱毛だと時間がかかるかも知れません。
根気よく続けるならラヴィでも良いですが、早くより綺麗に脱毛したいならケノンの方が良いでしょう。

価格 電気 種類
54,720円 コンセント式 フラッシュ 普通
用途 レベル 照射面積 連射機能
全身 7段階 6㎡ あり
痛み 1ショットコスト 美顔器機能 対象
少ない 0.2円 あり 子供~大人
保証期間 お支払い
1年間 最大24回分割

脱毛器TOPへ

このページを読んだ方は以下のページも読んでいます。

ケノン 第1位 ケノン
現在発売されている中では
最強の脱毛器
脱毛ラボホームエディション 第2位脱毛ラボホームエディション
脱毛ラボが開発
ドクターエルミスゼロ 第3位ドクターエルミスゼロ
短時間で全身脱毛