脱毛器さん家庭用脱毛器のQ&A>脱毛する頻度・回数・期間・時間は?

家庭用脱毛器での使用頻度・期間・回数・1回の使用時間を徹底紹介

家庭用脱毛器を使うならどのくらいの頻度で行って、
どのくらいの回数や期間で完了するのか目安が欲しいとこです。

そこでこのページでは家庭用脱毛器を使う際に気になる
使用頻度や回数、期間などについて徹底紹介していきます。

脱毛器を使う上では絶対に必要な知識ですので、
実際に家庭用脱毛器を使う前に
ここで内容を理解してから計画的にムダ毛ケアを始めて下さい。

始めに毛周期を理解する

期間や回数、頻度を知るためには毛周期を理解しなければいけません。

毛周期を簡単に説明すると、「成長期(初期)⇒成長期(後期)⇒退行期⇒休止期」
という毛が生えてから抜けるまでの周期の事を言います。

毛周期イラスト図

脱毛はお肌への表面から毛が生え始める成長期に照射しないと効果はないのです。 まずは毛周期に沿って使用すると覚えておいて下さい。

以下のページで毛周期について詳しく解説しております。。

家庭用脱毛器の使用頻度は?

家庭用脱毛器は1~2週間に1回の頻度で使用していき、
毛の状態を見ながら1ヵ月1回、2ヵ月に1回と回数を減らしていきます。

それを半年~1年くらい続ける事でしっかりとムダ毛処理出来るようになります。

また、使用頻度は部位によって変えるのもおすすめです。
例えば、良く毛が生えるワキやVIOなどは1週間に1度で、
毛が生えにくい腕や太ももは1ヵ月に1度と言うように毛の生えて具合で頻度を調整していきます。

基本的な考え方は毛が良く生える部位の頻度を増やし、生えない部位は減らすことです。
それが効率よくムダ毛ケアするためのコツです、

毎日使用したり増やし過ぎたりしてもNG

使用頻度は毎日行ったり増やし過ぎたりしても行けません。

ムダ毛ケアは毛がお肌の表面に出ている
「成長期」の段階で使用しないと効果がないため、
使用頻度を増やし過ぎても効果がないだけではなく、
お肌にダメージを与えてしまいます。

特にケノン脱毛ラボのような出力が高い脱毛器だと
余計にお肌へダメージが強くなります。

早終わらせたい気持ちはわかりませんが、
使用頻度を増やしても期間は短くなりませんから、
適切な頻度で使用しましょう。

脱毛器別の使用頻度

脱毛器名 使用頻度
ケノン 1週間に1回
脱毛ラボ 2週間に1回
トリア 2週間に1回
ドクターエルミスゼロ 1週間に1回
ラヴィ 1週間に1回
ブラウンシルクエキスパート 1週間に1回

家庭用脱毛器は基本1~2週間に1回の頻度で使用していきますが、
メーカーによって出力や効果が異なるため、
使用頻度が若干異なります。

中には1週間に2~3回の脱毛器もあります。

取り敢えずはメーカーの指示の頻度で使用していき、
先ほども言ったように毛の生える状態や毛質を見て頻度を調整していきましょう。

家庭用脱毛器の期間には個人差がある

期間について理解しなければいけないのは、
個人差があり何処までムダ毛ケアするかによって異なるということです。

例えば、剛毛で毛の量が多い人は回数が必要になり時間がかかりますし、
効果も個人差があります。
もちろん、使う脱毛器によっても変わります。

また部位によっても異なります。
ですから、これからお話することはあくまでも目安としてとらえて下さい。
絶対というわけでありません。

家庭用脱毛器の全身ムダ毛ケアの期間

何処までムダ毛ケアするかにもよって異なりますが、
ざっくり言うと全身を全て完了するための期間は1年くらいです。

えっ!そんなに、
と思った方もいるかもしれませんが、どの方法でもそのくらいはかかります。
例えば、高出力の医療レーザー脱毛でも、2ヶ月に1回くらい
最低でも5~6回以上は通わなければいけませんので、
1年~1年半くらいはかかります。

さらに脱毛サロンなら、出力の弱いフラッシュ脱毛器を使い
脱毛クリニックと同じくらいの頻度になるため3年~5年以上はかかります。

また、脱毛サロンはいつでも好きな時にいけるわけではなく、
予約が上手く取れなかったらさらに期間が延びるでしょう。

対して性能に良い家庭用脱毛器なら脱毛サロンと効果は変わらず、
使用頻度を増やせるので、期間が短くて済みます。

良く脱毛サロンの方が出力の高い脱毛器を使っていると言っているサイトが沢山ありますが、
それは脱毛サロンを良く見せるための宣伝文句が脱毛器の事を良く知らないだけです。
もしくは家電量販店で販売されているような安い脱毛器と比べてです。

性能の良い家庭用脱毛器を使えば大した差はありません。

ムダ毛ケアが完了するまでの部位別の回数と期間

部位 回数 期間
ワキ 15回以上 6ヶ月
15回以上 8ヶ月
太もも 18回以上 9ヶ月
ふくらはぎ 19回以上 11ヶ月
VIO 24回 14ヵ月
背中 18回以上 11ヵ月

先ほども言ったように回数と期間は、
個人差もありますし、何より使っている家庭用脱毛器によっても大きく異なります。
低価格の脱毛器だとこれ以上回数が必要になり、
そもそも使用を止めてしまうとムダ毛ケアをする前の状態に戻ってしまいます。

しかし、高性能の家庭用脱毛器を使うと、
多少の誤差はあっても上記くらいの回数と期間で終わらせる可能性はあります。

とりあえずどの部位だとしても
最低15回~18回は必要になります。
2週間に1度のペースで使用していったら、6ヵ月~8ヵ月くらいでしょうか。

ただ、性毛や産毛が多い部位だと
そのくらい使用してもちょろちょろ毛が生えてくる可能性が高いので、
実際はそれ以上回数が必要になるケースが多いと思います。

しかし、ある程度使えば綺麗にムダ毛ケアが出来るので
回数を減らせるため手間がかかりません。

とにかく家庭用脱毛器は最低でも12回~15回は使用して下さい。
そうすれば目に見えて効果を感じると思います。

いつから効果が出てくるのか?

無性毛 性毛
回数 2~5回 3~7回

性毛とは第二次性徴期から生えだしてくるVラインやヒゲなどで、
無性毛は足とか腕などの毛です。

一概には言えませんが、基本的に性毛の方が回数が必要になります。

どのくらいの回数で効果が出るのかは正直個人差があります。
絶対にこの回数とは言えません。

上記はこのくらい回数を重ねると何かしらの効果を感じる可能性が高い回数です。

因みに管理人の場合、2回目の照射で毛がポロポロ落ちてくるようになりました。
もちろん2回の使用で目に見えての効果はそこまで感じませんが、
ムダ毛ケア出来ていると実感できた記憶があります。

ただし、低価格の性能が低い家庭用脱毛器だと出力低いため
回数を増やしても中々効果を感じないですし、
効果が出てもすぐに使用する前のように毛が生えてきます。
性能が良い家庭用脱毛器を使う事が前提です。

使用効果のタイムライン

ケノン脇脱毛のビフォーアフター画像

回数 レベル 総ショット数
1ヶ月目 2回 レベル8 15ショット
2ヶ月目 2回 レベル10 12ショット
3ヶ月目 2回 レベル10 14ショット
4ヶ月目 2回 レベル10 13ショット
5ヶ月目 2回 レベル10 16ショット
6ヶ月目 2回 レベル10 17ショット

※効果には個人差があります

大体上記のようなイメージで効果が出てきます。
当然効果には個人差があるため、これ以上回数や期間が必要な人もいれば、
これ以下の人もいるという事を補足致します。

1回のショット数や使用時間はどのくらい?

次に全身1回の部位別ショット数の内訳です。

全身脱毛のショット数

まず大前提として家庭用脱毛器で全身処理するとしても
使っている脱毛器や個人によって大きな違いがあります。

このショット数は管理人がこれまで22個以上の脱毛器を使ってきて
大体このくらいは必要だと感じるショット数です。
もちろん、これよりも多くなる人も少なくなる人もいます。

上記の例で言えば約900ショットで使用時間は約60分です。
家庭用脱毛器で全身使用するとなると1000ショットは超えると言われておりますが、
これまで照射面積が広い家庭用脱毛器を数多く使って来たため、
少ないショット数で全身ケア出来ました。

全身の毛がそれほど生えていない人は
さらにショット数が少なくなる可能性も高いです。
特に女性だと照射面積の広い脱毛器を使えば、
900ショット以下で終わらせられると思います。

また、VIOのように器用に照射しなければいけない部位は時間がかかりますが、
VIOのケアをしなければ、使用時間は1時間もかかりません。

出来るだけ少ないショット数と施術時間でムダ毛ケアを終わらせたいなら
照射面積が広い家庭用脱毛器か連続照射が出来る家庭用脱毛器を使って下さい。

因みに背中は自分では照射出来ないので、誰かに手伝ってもらう必要があり、
VIOは家庭用脱毛器によっては使用出来ない商品もあります。

効果が早いおすすめ家庭用脱毛器


ケノン

ケノンは家庭用脱毛器で有名な商品です。
効果はサロンと変わらず、自由にレベル調整できるため
効果を感じるのはサロンよりも早いのが特徴です。
また、期間はサロンの3分の1以下で、ケノン1台で何度も全身ケア出来るので、
家族と共有する事も出来ます。
医療脱毛のように永久脱毛は出来ませんが、しっかりと使用すれば、
綺麗にムダ毛ケアをする事が可能です。

価格 電気 種類
69,800円 アダプター式 フラッシュ 静か
用途 レベル 照射面積 連射機能
全身向き 10段階 9.25m 6連射
痛み 1ショットコスト 美顔器機能 対象
少ない 0.0098円 あり 子供~大人
保証期間 お支払い
2年 3,100円/24回払い可能

脱毛ラボホームエディション


脱毛ラボホームエディション

あの脱毛サロンで有名な脱毛ラボが開発した家庭用脱毛器です。

自宅で業務用のパワーを実感出来るため、わざわざ予約を取って店舗に行く必要はありません。

また、「連射機能」「冷却機能」「顔・VIOも含む全身使用可能」などの特徴があることで、
早く高い効果で全身ムダ毛ケアする事が可能です。

今なら5,000円OFFと13,728~14,278円相当の美容グッズプレゼント

価格 電気 種類
71,478円 アダプター式 フラッシュ 少し音がする
用途 レベル 照射面積 連射機能
全身向き 5段階 4.2㎡ あり
痛み 1ショットコスト 美顔器機能 対象
普通 0.23円 なし 子供~大人
保証期間 お支払い
1年間 2,770円/24回払い可能

脱毛器TOPへ

次のページ脱毛する前に準備する事とは

このページを読んだ方は以下のページも読んでいます。

ケノン 第1位 ケノン
現在発売されている中では
最強の脱毛器
脱毛ラボホームエディション 第2位脱毛ラボホームエディション
脱毛ラボが開発
ドクターエルミスゼロ 第3位ドクターエルミスゼロ
短時間で全身脱毛