脱毛器さん家庭用脱毛器のQ&A>家庭用脱毛器でお腹を綺麗に脱毛出来るの?

家庭用脱毛器でお腹を綺麗に脱毛出来るの?

家庭用脱毛器でお腹を綺麗に脱毛出来るの?

女性でもお腹周りやおへそ周りに産毛が生えている人は沢山います。

冬なら良いのですが、お腹の露出が多くなる夏に毛が生えていると
それだけで男性から引かれてしまいます。

もちろん、それは男性も同じで今はギャランドゥになっていると
女性から嫌われてしまいます。

そこで、おすすめのが家庭用脱毛器です。

今は脱毛サロンに行かなくても自宅でも十分に綺麗に脱毛する事が可能です。
今はコロナの影響で店舗に行って脱毛するのも億劫になります。

家庭用脱毛器なら安心・安全に早く脱毛できるので、
お腹の毛が気になる人にはおすすめです。

家庭用脱毛器のお腹脱毛の効果は?

家庭用脱毛器のお腹脱毛の効果は?

高性能の家庭用脱毛器を使えば、
脱毛効果はサロンと変わりありません。
しかも脱毛サロンの1/3以下の期間で脱毛を終わらせる事が出来ます。

脱毛サロンは予約の関係で脱毛頻度が少なく脱毛期間が長くなり、
有名店だとまともに予約が取れずに脱毛完了しないこともザラです。

ですから、お腹の脱毛は家庭用脱毛器がおすすめなのです。

しかし、家庭用脱毛器や脱毛サロンでは永久脱毛する事は出来ません。

永久脱毛は医療機関であるクリニックでしか行えないため、
家庭用脱毛器でお腹の脱毛をしてもいずれ毛が生えてくるようになります。

ただ、毛が生えると言っても高性能の脱毛器を使えば、
近くで見なくてはわからないくらいの薄い産毛適度なので、
自己処理の必要はほぼありません。

仮に自己処理が必要になっても家庭用脱毛器なら何度でも脱毛出来ます。

お腹脱毛の回数と期間

自己処理がほぼいらくなくなる 脱毛期間
お腹回数 15~18回 7か月~1年

お腹の脱毛回数は使っている脱毛器、
毛質、肌質、毛量、男女差があるため
一概には言えませんが、18回くらい脱毛すれば
それなりに綺麗に脱毛できるはずです。

ただ、低価格の家庭用脱毛器なら、
18回脱毛しても毛量が減らない可能性がありますし、
脱毛出来てもすぐに元の状態に戻ってしまいます。

また、脱毛期間は家庭用脱毛器なら2週間に1度の頻度で脱毛していき、
毛の生える量が減ってきたら、1ヵ月に1回や2ヵ月に1回と脱毛頻度を減らしていき、

早い人なら7ヶ月もあれば綺麗になります。

これが脱毛サロンなら2年くらいはかかるため
家庭用脱毛器は脱毛期間がかなり短いです。
(脱毛サロンのサイトで期間を短く紹介していますが、
実際はその何倍も期間は長くなります)

家庭用脱毛器・サロン・医療脱毛の回数と期間の比較

家庭用脱毛器 脱毛サロン 医療脱毛
回数 15~18回 15~18回 5~8回
脱毛期間 7か月~1年 2年~3年 1年~1年半

医療脱毛は出力の高い医療レーザー脱毛機を使うため
少ない回数で永久脱毛する事が可能です。
2~3ヵ月で1度の頻度で脱毛していき、
最短で1年間通えば永久脱毛する事が可能です。

対して家庭用脱毛器や脱毛サロンは、
出力が低い脱毛器を使うため回数は多くなりますが、
回数を増やして脱毛すれば綺麗に脱毛を完了させる事は可能です。

しかし、脱毛サロンは予約が取れなかったり、来店頻度が縛られたりで、
どうしても脱毛期間が長くなります。

先ほどもお話したように実際はサイトで紹介している期間の何倍も長くなります。
その点家庭用脱毛器ならいつでも好きな時に脱毛出来るため
脱毛期間がかなり短くなるのです。

お腹に効果のある家庭用脱毛器の選び方

お腹に効果のある家庭用脱毛器の選び方

お腹の脱毛をするに当たり、どのような家庭用脱毛器が良いのか
ポイントを紹介しておきます。

どの部位を脱毛するにせよ、家庭用脱毛器の選び方に大差はありませんが、
よりお腹に効果がある脱毛器の特徴を紹介します。 是非参考にして下さい。

高性能の脱毛効果が高い脱毛器

家庭用脱毛器を使う上で最も重要なのは脱毛効果です。

低価格の脱毛器は出力が低く、中国などで作られているので
性能が高いとは言えません。

そのため脱毛効果は感じられませんし、
効果を感じてもすぐに脱毛する前の状態に戻り、
永遠に脱毛をしなければいけなくなります。

高性能の家庭用脱毛器は本体価格が高くはなりますが、
脱毛効果は高く、お腹だけに限らず全身何度でも脱毛出来るため
コスパが良いのが特徴です。

少なくても脱毛サロンより断然安く全身脱毛出来ます。

照射面積が広い家庭用脱毛器

お腹周りは照射面積が広くなるため、
照射面積が狭い脱毛器を使うとショット数が多くなり、
カートリッジや脱毛器の消耗が激しく、ランニングコストが高くなります。

また、ショット数が多くなると手間もかかり、お肌への負担も大きくなるため
途中で挫折する可能性もあります。

お腹周りの脱毛をするなら最低でも5センチ平方メートル以上の照射面積がある
家庭用脱毛器を選んで下さい。

1ショットコストが安い脱毛器

照射面積が広いお腹はその分ショット数が必要になり、
カートリッジ(カートリッジ交換出来ない物は本体)の消耗が激しく、
1ショットコストが安い脱毛器を購入しないと、
頻繁にカートリッジや本体を交換しなければいけなくなります。

家庭用脱毛器で大切なのは本体価格ではなく、
1ショットコストです。

本体価格が安い家庭用脱毛器は性能が悪く脱毛効果が弱いため
すぐにカートリッジを消耗してしまいますし、
1ショットコストが安くてもカートリッジの性能が悪いので、
使っていくと脱毛効果が弱くなってします。

家庭用脱毛器を選ぶ際は、高性能で1ショットコストの安いのが必須です。

フラッシュ脱毛器

家庭用脱毛器には様々な種類がありますが、
お腹の脱毛をするならおすすめはフラッシュ脱毛器です。

フラッシュ脱毛器は照射面積が広く、お肌への負担も少ないため使いやすく、
高性能の脱毛器なら脱毛効果もかなり高いです。

他の種類の脱毛器はそもそも脱毛ではなく除毛しか出来ない物も多いので、
しっかりと脱毛するためにはフラッシュ脱毛器がおすすめです。


うなじの脱毛におすすめの家庭用脱毛器

様々な家庭用脱毛器は販売されていますが、
実はおすすめできる家庭用脱毛器は限られています。

ここでは性能が高くしっかりと綺麗に脱毛出来る
家庭用脱毛器のみ紹介します。
是非参考にして下さい。

脱毛器の王様ケノン


ケノン

ケノンは今発売されている脱毛器で、脱毛効果の高さ、照射面積の広さ、1ショットコストの安さなど
どれをとっても最高峰の品質を保っていて最も売れている家庭用脱毛器です。家庭用脱毛器の王様と言われております。
お腹の脱毛に限らず、自宅で全身脱毛するならケノンを選択肢に入れない事はまずありえません。
本体価格は若干高いですが、その分1ショットコストが安いので
長く使うなら最も安くなる家庭用脱毛器でもあります。
また、ラニングコストが安い事で家族で共有できるメリットもあります。

脱毛効果はサロンと同等かそれ以上の効果なので、
自分でお腹や全身脱毛をしたい人は最もおすすめです。

価格 電気 種類
69,800円 コンセント式 フラッシュ 静か
用途 レベル 照射面積 連射機能
全身向き 10段階 9.25m 6連射
痛み 1ショットコスト 美顔器機能 対象
少ない 0.0098円 あり 子供~大人
保証期間 お支払い
2年3ヵ月 最大24回分割

脱毛器

このページを読んだ方は以下のページも読んでいます。

ケノン 第1位 ケノン
現在発売されている中では
最強の脱毛器
センスエピ 第2位ドクターエルミスゼロ
短時間で全身脱毛
トリア 第3位 トリア
剛毛で悩んでいる方に
おすすめのレーザー脱毛器